スポンサードリンク

眺めているだけで心安らぐ「SPACE RACER EPOCH LCD GAME」

ご覧頂きありがとうございます。

米山田米太郎です。

 

今回はエポック社のLCD GAME「SPACE RACER」です。

 

私が子供の頃に家族旅行をした際に、温泉旅館の売店で

買ってもらったものと記憶しています。

 

当時はエポック社をはじめ、様々なメーカーが

「この手のゲーム」を量産していたと思うんですが、

私の記憶では、当時おもちゃ屋だけでなく、

観光施設の売店などにも「この手のゲーム」が売られていて、

家族旅行した際に子供がおねだりして

買ってもらうような構図が多かったのかなと思います。

 

我が家にも「SPACE RACER」をはじめ、

ドラゴンボールやドラえもんをモチーフにした「この手のゲーム」が

いくつかあったと思います。

 

このスペックで、宇宙でのレーシングや、

ドラゴンボールやドラえもんを表現するのは

スゲーなとつくづく思います。

 

当時はこの小さな画面でその世界を体感して熱中していましたし、

今見ても、この全体的なフォルムと、

画面にあらかじめ描かれた宇宙の要塞のような絵にうっとりします。

 

「LCD GAME」で画像検索すると、「この手のゲーム」の写真が

ズラッと出てきますが、これらを眺めているだけで、

心がワクワクしてきます。

 

 

もしあなたがこういう感覚を共感できるのであれば、

「この手のゲーム」をひとつお手元に置いておくと、

精神衛生上、とてもよろしいかもしれません。

 

何か辛い事があったとき、くじけそうなとき、

何もかもうまくいかなくて、投げ出したくなったとき、

「この手のゲーム」を眺めているだけで、

小難しい事を何も考えずに、この小さな画面で宇宙を感じていたあの頃を思い出し、

心安らぎ、そして、自然と

「もう一度がんばってみよう」

そんな気持ちになれるのではないでしょうか。

 

「この手のゲーム」は自分が生まれた頃にはとっくになかったという

若い世代のあなたであれば、そもそもこの記事をここまで読んでいるとは思えませんが、

念のために伝えておくと、

先人たちはこの小さな画面に宇宙を感じていたのだと想像し、

ほほえましい気持ちになって、

年長者を尊敬し、いたわり、そして、

ご自身もまた、もう一歩踏み出してみよう、

なんな気持ちになっていただけでば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

米山田米太郎でした。

関連記事

スポンサードリンク