スポンサードリンク

J-phone【J-SH04】(私が初めて所有した携帯電話)が発掘されました。

毎度、ありがとうございます。

米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなものは、

私が初めて所有した携帯電話「J-phone【J-SH04】」です。

 

まず、「J-phone」は今のソフトバンクの前身のボーダフォンの前身で、

まあ、マックスバリュの前のウエルマートの前のアイマートみたいなものです。

 

当時、ケータイの画面はモノクロ画面が当たり前の時代でしたが、

【J-SH04】は、256色のカラー液晶で、

しかもカメラ付きケータイとなっていて、

背面には自撮り用の鏡がついています。

私が若かりし頃に貼ったステッカーの残骸がまたノスタルジーです(笑)

 

当時カラー液晶ですら珍しい時代に、

カメラ付きケータイを持っているのは私ぐらいで、

自分のケータイ【J-SH04】が

初のカメラ付きケータイだと最近まで思い込んでいました。

 

調べてみましたら、【VP-210】という機種が

世界で初めて市販されたカメラ付き携帯電話(PHS)のようですが、

【VP-210】のカメラの用途は主にテレビ電話用だったようです。

 

ですので、【J-SH04】は厳密には

「最初のカメラ付きケータイ」というわけではありませんが、

後のいわゆる「写メール」といわれるような用途のカメラで言えば、

元祖といってもいい位置づけで、

後の携帯電話の技術に重要な成果をもたらしたとして、

2014年に国立科学博物館の未来技術遺産に登録されたようです。

 

ちなみに、その初代写メールケータイの使い勝手ですが、

たしかに写真は撮れますが、「お~、撮れてる!」と

おもちゃのカメラで喜ぶ程度のレベルだったと思います(笑)

 

まず、被写体に相当な時間じっとしていてもらわないと、

被写体がグニャっと歪んで写るし、

じっとしていてもらっても、かなりふわっとした仕上がりでしたね‥

 

さらに保存できる画像の枚数が20枚なので、

すぐにパツンパツンになり、何か消さないと追加できない状況に陥り、

結局当時は「写るんです」等の使い捨てカメラを使ってましたね‥(笑)

 

また、「写メール」といっても、

周りのケータイがモノクロなので、送る相手がいないし、

いたとしてもたしか当時は莫大な通信料がかかるので、

うかつに写メールはできませんでした‥

 

ちなみに当時、私の友人はドコモ7割、J-phone3割という感じだったと思いますが、

当時はまだメール機能が同じケータイ会社どうしでなければする事ができなくて、

自分がケータイを持つ際に、仲のイイ友人がどこのケータイを持っているかも含めて

自分のケータイ会社を決めるという感じでしたね‥

 

他社のケータイにはメールを送れない事もあって、

一回だけ着信をならす、いわゆる「ワンコール」「ワン切り」で

「よう!」と挨拶する文化が流行ったのかなとも思います。

 

昔のケータイを眺めていると、当時の生活、思い出がよみがえってきて、

これもなかなかオツなものですね‥。

関連記事

スポンサードリンク