スポンサードリンク

小さなバイキングビッケ・フィギュア(ビッケ、チューレ、スノーレ、チッチ、ハルバル)

今回ご紹介するオツなものは「小さなバイキングフィギュア」です。

 

こちらはちゃんぽんマンさんに送ってもらった画像ですが、

ちゃんぽんマンさんからは、「何かわからないモノが出てきた」ということで送ってもらいました。

 

 

私も見た時、その名称はわかりませんでしたが、

どこかで見た事があるような感覚が少しあり、

自分の脳ミソの奥深くにかすかに残る気配を必死にたぐりよせ、

「ポッケだかユッケだかピッピだか、そんな名前だった気がするけど、

なんか書いてないかな??」

とちゃんぽんマンさんにメッセージを送ると、それぞれの足の裏の刻印を発見してくれました。

少しわかりづらいですが、左から、ビッケ、チューレ、スノーレ、チッチ、ハルバル

と書いているようです。

 

「ポッケだかユッケだかピッピだか」

という自分の脳ミソの絶妙の精度を再確認できました(笑)

 

そしてビッケでググることで、これらのキャラクターは、

スウェーデンの作家・ジャーナリストのルーネル・ヨンソンの児童文学シリーズの

「小さなバイキング」のものであることがわかりました。

 

「小さなバイキングビッケ」として、1970年代に

日本でもアニメ放送されていたようです。

フォルムが単純に皆かわいいです。

 

「小さなバイキング」は海賊を題材としたお話のようですが、

海賊を題材にした漫画『ONE PIECE』の作者の尾田栄一郎先生は、

この「小さなバイキング」がキッカケで海賊が好きになったと

Wikipediaに書いてありました。

 

話は「刻印」に戻りますが、あなたも何かわからないモノを見つけた場合は、

そのモノに刻まれた刻印を探してみてください。

 

何か手がかり(答え)があるかもしれません。

 

別の回で紹介しましたが、

こちらの、固定観念で「エジプト」と判断したモノも、裏面を見てみると

その真相は「TAIWAN」であることがわかったりします。

 

というわけで、TAIWANマンさん、ありがとうございました!

関連記事

スポンサードリンク