スポンサードリンク

カップヌードル「トムヤムクンヌードル」が非常にオツ

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなものは、日清カップヌードルの

「トムヤムクンヌードル」です。

 

最近は各コンビニなどで有名ラーメン店とコラボした

オリジナルのインスタントカップ麺が続々登場して、

どれもこれも試したくなって悩んでしまう今日この頃で、

実際、色々試して、どれもこれもおいしくて困ってしまうわけですが、

そんな中で、思うのは、「やっぱり日清のカップヌードルはメチャクチャうまい」

ということです。

 

特に私は定番のカレーヌードル、シーフードヌードルが好きで、

色々新商品を試しては、ここに戻ってきて、また、新商品を試すというサイクルなのですが、

カップヌードルのトムヤムクンヌードルはここ何年かで目についていましたが、

手を取ることはなかったのですが、この度、試してみました。

 

 

「辛み」と「酸味」といえば、酸辣湯(サンラータン)が思い浮かぶ私ですが、

酸辣湯はかなり好きです。

 

 

お湯を入れて3分待ち、付属のトムヤムペーストを入れるとこんな感じです。

 

お味の方は、ファーストインパクトは「酸っぱい!」そして間髪入れず「辛い!」そして、

鼻からスパイスの香りが抜けてゆく感じ。

 

「ん?」「ん?」という感じで、なにかを確かめるように、

次々口に運びたくなる感じ。

 

気づいたら半分ぐらい減っていて、じんわりおでこに汗をかいていて、思うことは、

「メチャクチャうめ~‥」

さすが日清クオリティ。

これはハマりそうです。

 

【「辛み」と「酸味」といえば、酸辣湯】と前述しましたが、

酸辣湯に近いものも感じます。

 

以前私が住んでいた場所の近所に、

タイ料理屋さんがあって、そこのグリーンカレーが好きでよく食べていましたが、

その感じにも近い気がしました。

 

今までは「トムヤムクン」というフレーズは知っていましたが、

それがどんな味かのイメージができませんでしたが、

これをキッカケに「トムヤムクン」は私の好きなもの系だと確信しましたので、

トムヤムクンの扉が開かれた気がします。

 

こちらのトムヤムクンヌードルはもともとタイで販売されたカップヌードルのようで、

タイの日清の協力により、現地で発売されている味を再現したそうです。

 

トムヤムクンヌードルのおかげで、私はタイ料理が好きなのかもしれないという気もして、

タイへの興味も湧いてきました(笑)

 

なんというか、こういうスパイスとか、酸味、辛みの組み合わせとか、

立体的に味をとらえておいしいものを作る感じ、すごくセンスを感じます。

 

遊び心と想像力の高さを感じるといいますか‥

 

ということで、日清トムヤムクンヌードルさま、

私の中の色々な扉を開けてくれてありがとうございましたm(_ _)m

関連記事

スポンサードリンク