スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

猿岩石「ツキ」の8cmCD(掲載枚数14枚目)です。

 

こちらは、1997年3月19日に発売され、曲目は、

1.ツキ

2.NEWS

3.ツキ(オリジナルカラオケ)

4.NEWS(オリジナルカラオケ)

となっております。

 

1曲目のツキ、2曲目のNEWS、どちらも、

作詞:高井良斉(秋元康のペンネーム)、作曲:高見沢俊彦となっています。

こちらのシングルは、

猿岩石のデビューシングル「白い雲のように」の大ヒットに続いて

発売されたセカンドシングルです。

 

こちらも作詞・作曲者は豪華で、たしかに軽快でノリがよく、

ポップな曲ですが、ジャケットの裏面に象徴される手抜き感というか、

パワーの無さ、迫力のなさを、子どもながらに感じたのを覚えています(笑)

 

白い雲のようには本当に何度も何度も聴きましたが、

こちらは買ってから5回も聴いてないんじゃないでしょうか‥

 

曲の展開、メロディ、決して嫌いなわけじゃないですが、

今、久しぶりに聴いてみて、なんといいますか、

今ひとつ迫力がないですね(笑)

 

この曲は、秋元康さんが「高井良斉」というペンネームで詞を書いていますが

(今知りました)、「秋元康」の名前を使いたくない、

ペンネームを使いたくなる、なんらかの事情があったのかもしれません。

 

当時は、聴く側のこちらが猿岩石に飽きたのではないかと

責任を感じていましたが、今20年の月日を経て、

「猿岩石」という概念に対して、最高にフレッシュな状態で聴いてみて、

やっぱり、当時と同じような感覚がしたので、

当時の自分が感じた、作品から覇気を感じない感覚は

間違っていなかったのかなと思いました。

 

猿岩石はその後10枚のシングルを出しますが、

私はこの次の曲からはもう聴いてませんでした‥。

 

ですが、猿岩石日記、電波少年のビデオ、白い雲のようにに関しては、

その後も自分にとっての宝、クラシックとして愛好しています。

 

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク