スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するモノは、

trf「survival dAnce 〜no no cry more〜」の8cmCD(掲載枚数15枚目)です。

 

こちらは、1994年5月25日に発売され、曲目は、

1.survival dAnce 〜no no cry more〜 [original single chart mix]

2.survival dAnce 〜no no cry more〜 [original 12″mix]

3.survival dAnce 〜no no cry more〜 [CXTV 17’s mix]

4.survival dAnce 〜no no cry more〜 [original single chart karaoke mix]

となっております。

 

フジテレビのドラマ「17才 -at seventeen-」の主題歌でした。

この曲を聴くと、やはりドラマを思い出します。

 

このドラマは、内田有紀、一色紗英、武田真治、山本太郎さんといった面々で、

高校生(17才)の生活を描いたものでしたが、

すごくパンチが効いていて、おもしろかった印象があります。

 

私の記憶にあるのは、まず、とにかく、

内田有紀さんのかわいさと圧倒的な存在感が

ハンパではなかったです(笑)

 

そして最終回で、ハンバーガーにマスタードを挟むと、

意外と辛くなくておいしいよ、みたいな事をずっと言われていたけど、

ずっとやらずにいた一人が最終回の最後でついに試してみて、

「ホントだ、うめぇ」みたいなシーンがあったと記憶しております。

 

すみません、ボヤッとした情報で(笑)

 

ジュークボックスがおかれているようなウェスタン風のBARみたいなとこを

たまり場にしていて、なんというか、ああいうお店、憧れでしたね‥。

 

とにかく世界観がカッコイイドラマで、私のイメージでは、

木更津キャッツアイ、濱マイクみたいな、

話の筋うんぬん以前に、登場人物がただそこにいるだけで

カッコイイそんなドラマだった気がします。

 

trfのサバイバルダンスはなんというか、そんな世界観にピッタリで、

オシャレで垢抜けてるそんなイメージで、

曲を聴くたびにあの世界観がよみがえるステキな曲です。

 

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク