スポンサードリンク

「セブンプレミアム 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭」カップ麺がオツでした。

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなものは、

「セブンプレミアム 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭」カップ麺です。

セブンプレミアム 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭

「麺翁 百福亭」は、一風堂の創業者である河原成美さんが、

「もしチキンラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福氏がラーメン店を開いていたら、

どのようなラーメンを作っただろうか」というコンセプトでプロデュースした店舗で、

2003年から2008年までの間、営業していた幻の名店で、

今回、その味を日清食品がカップ麺にして

全国のセブン‐イレブンやイトーヨーカドー等、セブン&アイグループ各社の約21, 300店で

3月18日から数量限定で発売されたものです。

 

というわけで、結構、入り組んだ事情のドリームカップ麺です。

 

例えるならば、エリック・クラプトンが、

「もしロバートジョンソンがバンドを組んでいたら、どんなサウンドを作るだろうか」

というコンセプトで作ったアルバムを、

一流メーカーが再現したオルゴールみたいな感じでしょうか(笑)

 

さて、お湯を入れて5分待ち「特製香油」を入れるとこんな感じです。

見た目からして、すごく重厚な感じがします。

 

麺はこんな感じです。

焦がし醤油スープで甘い香りで、ローストごぼう、揚げ玉ねぎ、ねぎ、

鶏団子も甘めの風味で、麺と絶妙にマッチし、

なかなかこってり濃厚で、メチャクチャうまいです(笑)

 

数量限定とのことですので無くなる前に、また、食べたいですね‥

関連記事

スポンサードリンク