スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

今回ご紹介するオツなモノは、

岡本真夜の「TOMORROW」の8cmCD(掲載枚数36枚目)です。

 

こちらは、1995年(平成7年)5月10日に発売された

岡本真夜のさんのデビューシングルで、曲目は、

1.TOMORROW

2.BLUE STAR

3.TOMORROW (オリジナル・カラオケ)

4.BLUE STAR (オリジナル・カラオケ)

となっております。

 

こちらは岡本真夜さんのデビューシングルで

TBS系ドラマ『セカンド・チャンス』の主題歌でした。

 

当時、私は小学生でしたが、それまで全く知らなかった岡本真夜さんという方の

デビューシングルが爆発的な大ヒット(オリコンによる累計売上は、177.3万枚で、

出荷枚数は200万枚を突破する売上だそうです)となって、

衝撃的だったのを覚えています。

 

今、ウィキペディアで岡本真夜さんについて調べてみましたら、

子どもの頃に両親の離婚により祖父母の養女となり、

高校卒業後に祖父母の反対を押し切り、家出同然で上京し、

ボイトレとバイトに明け暮れ、

「事務所から、作詞・作曲を100曲出来たらデビューをさせる」と条件を出され、

本格的な知識もなく、楽器もないまま、鼻歌で40曲ほど作曲して、

そのセンスが認められて、デビューに至ったようです。

 

「TOMORROW」は、岡本真夜さんが18歳の頃に作った曲とのことで、

こういった情報を知って、曲を聴くと、聞こえ方がまた違ってきて、

味わい深いものがありました。

 

ちなみに、私の個人的な思い出としては、

小学生の頃の合唱祭で、私たちの学年は、

合唱曲「Tomorrow」を歌ったのですが、

一つ下の学年の先生が20代のミーハー先生で、その方は、

岡本真夜さんの「Tomorrow」を選び、

当時私は、ヒット曲を合唱できるなんていいなぁと、

うらやましがっていましたが、今、合唱曲の「Tomorrow」を聴いてみると、

こちらもとてもすばらしくて、ゾクッときたので、

まあ、今思うことは、なんといいますか、

「イイものはいっぱいあるんだなぁ。

どっちの先生もそれに気づくキッカケを作ってくれてどうもありがとう」

という感じです(笑)

 

ちなみに、我々の学年は卒業式で、合唱曲の「Forever」だったのですが、

岡本真夜さんのセカンドシングルのタイトルが「FOREVER」でした。

 

今思うと、我々の学年の先生の方が、

むしろあてていったのかなという気すらしてきました(笑)

 

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク