スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

長渕剛「しゃぼん玉」の8cmCD(掲載枚数67枚目)です。

 

こちらは1991年10月25日に発売された長渕剛さんの24枚目のシングルで、曲目は、

1.しゃぼん玉

2.親知らず

となっております。

 

長渕剛さんは、私が小学生低学年ぐらいの頃、ドラマでよく観ていて、

この曲も同じタイトルのドラマの主題歌だったようですが、

ドラマの内容とかは覚えていないのですが、

当時、長渕さんを観て、とにかく強烈にカッコイイという印象だけが残っています。

 

私が物心ついた頃には、長渕剛さんは、

【男が憧れる男】みたいな地位を確立していて、

矢沢永吉さんもそうなんですが、私はそういった、

【大御所すぎる人】の音楽を、実はこれまでちゃんと聴いたことがなく、

デフォルメされたモノマネの歌の方が聴いた回数は圧倒的に多いと思います。

 

そんな状態だったのですが、8cmCDという入り口のおかげで、

この度、長渕剛さんを初めてしっかり聴きました。

 

まず、曲を再生してイントロ聴いた時点で、

完全に心がつかまれました。

 

長渕さんが歌い出した時点で、もう涙が溢れてきました。

 

これはスゲー。

 

歌詞がいいとか、歌がいいとか、演奏がいいとか、

なんか、もう、そういう次元じゃないですね。

 

こんなにわけがわからない状態で感動したのは初めてかもしれません(笑)

 

いままでテレビとか、ラジオから幾度となく、

長渕さんの曲は耳に入っていたのですが、

聴くたびに、「モノマネの人の声そのまんまだなぁ」と、

ホンモノを聴いて、モノマネを思い出すみたいな、

邪念が混じった状態でばかり聴いていましたが、

一人、この曲と差し向かいで聴くと、完全に圧倒されました。

 

今さらですが、これから、長渕さん、たっぷり聴いていきたいと思います(笑)

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク