スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

ZIGGY「I’M GETTIN’ BLUE」の8cmCD(掲載枚数82枚目)です。

 

こちらは1988年5月25日に発売されたシングルが、1989年11月に再発売されたもので、曲目は、

1. 「I’M GETTIN’ BLUE」

2. 「BOOGIE WOOGIE TRAIN」

となっております。

 

こちらのCDはリサイクルショップで購入し、

私は今回初めてZIGGYの曲を聴きました。

 

まず、ジャケットの時点でハンパじゃないかっこよさですが、

再生した瞬間に鳴るギターの音、シャウトのボイス、

メッチャクチャ、カッコイイです。

 

アメリカの匂いが漂ってくる曲の序盤の雰囲気から、

日本のロックという感じのするサビのメロディに

「どしゃぶりの雨が通り過ぎる頃には

捜してた言葉見つかるかもしれない」

という切ないフレーズ、最高です。

 

カップリングも最高。

 

「I’M GETTIN’ BLUE」は80年代の最高にカッコイイロックという感じで、

カップリングの「BOOGIE WOOGIE TRAIN」は、

50年代のロックンロールから80年代までのルーツを感じるような、

最高の曲となっております。

 

今、この文章を書きながら「I’M GETTIN’ BLUE」を

5、6回繰り返して聴いていますが、

聴けば聴くほど心つかまれて、なんか80年代にタイムスリップしたような、

バック・トゥ・ザ・フューチャーな気分になってまいりました。

 

いやぁ、ZIGGY今まで全く聴いたことがありませんでしたが、

最高にカッコイイです。

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク