スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するモノは、

ゆず「からっぽ」の8cmCD(掲載枚数89枚目)です。

 

こちらは1998年11月11日に発売された、ゆずの3枚目のシングルで、曲目は、

1.からっぽ

2.種

3.帰り道

となっております。

 

当時は私はゆずのCDは、「いつか」だけを所有しており、

他の曲はテレビではしょっちゅう耳にするものの、

1曲しっかり聴いた事はなかったので、

曲とタイトルが一致しないまま、断片的に知っているという状態だったので、

この度「からっぽ」を発掘いたしましたが、

どの曲だかわからないまま曲を再生いたしました。

 

曲の冒頭のハーモニカの音とアコースティックギターの音で、

「おお!まさに当時のイメージどおりのゆずの音だ!」と、

一気に当時の雰囲気というか懐かしさが押し寄せませした。

 

心地のよい切なさのAメロ、Bメロを経て、

サビにきて、「おお、この曲か!」という想いと、

「いいっすね~~~」という気持ちで心が満たされました。

 

これは、ゆずに夢中になって、

似たようなストリートミュージシャンが溢れかえるのも

うなずけるなぁと想いました(笑)

 

ゆずっぽい人たちの音を街中で嫌というほど聞かされてきたので、

今思うと、なんとなくそれの反発で、

ゆずの音源も無意識に手に取ることはなかった私ですが、

今さらながら、ゆずを聴いて全く別格であることを痛感しました。

 

これは私の性格にも問題があるのですが、

それっぽいパクリにホンモノよりも先に目や耳に触れてしまって、

ホンモノをなんとなく手に取らないという事がたまにあります。

 

まあ、代表例は、【たまごっち】のパクリの【ぎゃおっPi】です(笑)

 

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク