スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

サザンオールスターズ「太陽は罪な奴」の8cmCD(掲載枚数94枚目)です。

 

こちらは1996年6月25日に発売されたサザンオールスターズの38枚目のシングルで、

1.太陽は罪な奴

2.君に贈るLOVE SONG

となっております。

 

小学生当時、私はこのCDを所有し、聴きまくっていましたが、

実家から発掘されなかったので、

今回リサイクルショップで購入いたしました。

 

今、久しぶりに聴きまして、

衝撃的にメッチャクチャいいです(笑)

 

小学生当時感じ取ることができなかった、

感性みたいなのが広がっていることを実感いたしました。

 

子どもの頃にイイと思っていたものに、

今触れてみても、心が全くおどらないものもあったりしますが、

そういう時は、どこか悲しく、さみしい気持ちになりますが、

今回はその真逆で、当時もイイと思っていたものを、

今そのよさがもっと感じることができるのは非常にうれしいことだなと思います。

 

ちなみにこの曲の個人的な思い出なんですが、

私が小学生当時、夕方5時半ぐらいからやっている地方の情報番組を観ていましたら、

「夏に聴きたい一曲をFAXで募集します」みたいな事を言っていたので、

そこにあった紙をとって、マジックで、

【サザンオールスターズ「太陽は罪な奴」】と書いて、

テキトーに丸を描いて、その中に「太陽」と書いて、

FAXを送信しましたら、その数分後に放送で、

「ペンネーム・米山田米太郎さんからの夏に聴きたい一曲は‥」

といきなり紹介されて、

「こんなふうに絵も描いてくれました」と、

丸に「太陽」と書いただけの記号を、

県のみなさまにさらしてくださいまして、

「マジか‥」と思いながら赤面した記憶があります。

 

しかし、その時に、

テレビ番組にFAXを送って読まれるという妙な快感を味わって、

その後もそのテレビ番組にFAXを送ってみましたら、

毎日毎日、読まれるようになって、注意して観てみると、自分と、

もう一人いつも同じペンネームの【ニャン太郎】さんという方ばかりが読まれていて、

「自分とニャン太郎さんしかFAXを送る人がいないのではないか?」

「私がFAXを送らなかったらこの番組大丈夫か?」

と妙な責任感が出てきて、毎日の日課として、

FAXの文章の冒頭には、

「パーソナリティの○○さん、ニャン太郎さん、

そしてテレビをご覧のみなさん、こんばんは」

という挨拶からFAXの文章を初めていた記憶があります(笑)

 

というわけで、私がそんなFAX職人となるキッカケを作ってくれたのが、

サザンオールスターズ「太陽は罪な奴」というわけでした。

 

丸に太陽と書いただけで存在感を放つ、

本当に、太陽は罪な奴です(笑)

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク