スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

相川七瀬「トラブルメイカー」の8cmCD(掲載枚数97枚目)です。

 

こちらは1997年2月13日に発売された

相川七瀬さんの6枚目のシングルで、曲目は、

1.トラブルメイカー

2.鳥になれたら

3.トラブルメイカー (オリジナルカラオケ)

となっております。

 

こちらのCDはこの度、リサイクルショップで購入いたしました。

 

この曲は、私が中学生の頃に大ヒットした曲で、

曲とともに相川七瀬さんという人が、

周りの男子中学生たちのアイドル的な存在となっていました。

 

「アイドル的」と申しましたが、少し上の世代で言うと、

たぶん工藤静香さん的な、すこしトガった人たちが崇める

憧れのお姉さん的な存在だったと思います。

 

工藤静香さんもそうですが、相川七瀬さんも、

なんとなくのイメージでは、少しヤンチャなイメージで、

そういったところも込みで、

好まれたのではないかなという気がします。

 

私はどう見ていたかというと、

正直に申し上げますと、特に何も感じていませんでした(笑)

 

相川七瀬さんも、その曲に対しても、全く嫌悪感はありませんが、

特に魅力を感じることもないといった感じであります。

 

熱狂的に好きな人がいて、その数も相当に多くなって

爆発的に流行ることも理解できますし、

それに対しても、疑問や嫌悪感に思う事はないですが、

自分にとってはどうでもいい存在といった感じです(笑)

 

例えば、釣りに全く興味がない人が、釣りに熱狂的な人を見て、

「釣り、お好きなんですね~」

そんなふうに、特にプラスの感情もマイナスの感情もなく、

ただ、見ている、そんな状態です(笑)

 

中学生の頃は、そんな感じでしたが、今、20年の月日を経て、

自分の受け取り方に何かしら変化はあるのか、

楽しみにしつつ、曲を再生してみました。

 

曲自体は当時テレビでよく耳にしていましたし、

よく口ずさんでいる人も周囲にいましたので、

なつかしさを感じつつ、感想としては、

「やはり、好きでも嫌いでもない。積極的にもう一度聴きたいと思う曲では別にない」

という、やはり当時と全く同じ感じでした(笑)

 

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク