スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

EAST END×YURI「いい感じ やな感じ」の8cmCD(8cmCD・掲載枚数119枚目)です。

 

こちらは、1995年4月21日発売に発売された、

EAST END×YURIの3枚目のシングルで曲目は、

1.いい感じ やな感じ

2.SO LONELY

3.いい感じ やな感じ(backing track)

となっております。

 

こちらは「DA.YO.NE」「MAICCA〜まいっか」に続く、

EAST END×YURIの3枚目のシングルで、

私が小学生の頃に購入したものが発掘されました。

 

私が小学生当時、ラップというものに初めて触れたのが、

EAST END×YURIだったわけですが、

当時は「音楽に乗せてしゃべる」という形がすごく新鮮に思えて、

「ナタデココという独特の食感の食べ物が流行ってるらしいと聞いて、

食べてみたら結構好きだった」

みたいな感覚で、この3枚目の「いい感じ やな感じ」も

購入した感じだったと思います。

 

今聴いてみると、やはり当然、当時とは聞こえ方が全く違ってくるわけですが、

冒頭からトラックは、グッとくるオツなものとなっています。

 

ラップもいわゆるステレオタイプをわかりやすくやるスタイルで、

ラップをなんとなくしか知らない人に、

「ラッパーふうにラップしてみて」といったら、

だいたいこんな感じになるだろうというスタイルを

たぶん、あえて貫いてます。

 

ですので、今聴くと、一見、間抜けでダサい節回しに

聞こえてしまいますが、

一回EAST END×YURIがこのスタイルを貫くことで、

時代を切り開いたような気がします。

 

そして、今聴くと、特にYURIさんのリズム感のよさと、

天性の声質のよさ、ラップとの相性のよさをものすごく感じます。

 

まず、なにより声がかわいいというのが最大の特権ですが、

発音のタイミングと声の切れ方が絶妙で、

リズムの気持ちよさを作り出しています。

 

というわけで、今聴くと、また色々と新しい発見があったりして、

おもしろい一枚でした。

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク