スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

T-BOLAN「わがままに抱き合えたなら」の8cmCD(掲載枚数144枚目)です。

 

1993年11月10日に発売されたT-BOLANの10作目のシングルで、曲目は、

1.わがままに抱き合えたなら

2.いじけた視線を君に語るより 光を見たい

となっております。

 

こちらのシングルはこの度、

リサイクルショップで購入いたしました。

 

私はT-BOLANをこの度初めて聴きましたが、

カッコイイギターリフと、骨太のベース、ドラム、

男気溢れるボーカルが絶妙にミックスされて、最高にカッコイイです。

 

カップリングはピアノから始まるスローバラードで、

こちらはズシンと重く、じっくり奏でる感じも

すごくカッコイイです。

 

ただ、曲名は、

「いじけた視線を君に語るより 光を見たい」で、

このフレーズは、歌詞にも出てくるんですが、

この歌詞の意味がちょっとわかりませんでした(笑)

 

「いじけた視線を 君に語る」

とは、どういう状態なのか、考えました‥

 

よく「こぶしで語る」なんて言い方をしますが、

そういうことで、「いじけた視線で 君をみる」

ということなのでしょうか。

 

はたまた、「いじけた視線」をしているのは、「君」の方で、

『君ねぇ、いじけた視線はしない方がいいよ、光見ようよ』と、

君に「いじけた視線」について語るというこなのでしょうか。

 

たぶん、前者だとは思いますが、なんとなく、

言葉がスッと自分に入ってこなくて、

ずっと考えてしまいました(笑)

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク