スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

鈴里真帆「泣いてなんかない」の8cmCD(掲載枚数170枚目)です。

 

こちらは1994年11月23日に発売された鈴里真帆さんの2枚目のシングルで、曲目は、

1.泣いてなんかない

2.For Myself ~笑ってみよう 涙の数より~

3.泣いてなんかない (Vocalless)

となっております。

 

こちらのCDはリサイクルショップで購入いたしました。

 

私は、鈴里真帆さんという方を存じ上げず、この度、

初めて聴きました。

 

イントロから平歌の感じは、正直、

フツーにいい声、フツーにいいメロディで、

当時よくあった聴きやすいポップスという感じかぁと思いながら

聴いておりましたが、サビに入って、

演歌のこぶしのようなテイストな入ったパワフルな歌声を浴びた時、

大きな衝撃を受け、メチャクチャカッコイイ!!と

シビれまくりました。

 

一回このサビを聴くと2番の平歌の聞こえ方も変わってきて、

(もう一度曲を聴いたら1番の平歌の聞こえ方も変わってきました(笑))

歌のパワーに完全にもっていかれました。

 

広瀬香美さんのような高音の心地よさもあって、

サビの演歌こぶし風のパワフルボイスがホントクセになって、

何回繰り返されても聴いてられる心地よさです(笑)

 

カップリングもまたそのボイスが生きるすばらしい曲となっており、

パワフルなトランペットもマッチした最高のナンバーとなっておりました。

 

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行をしております。現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク