スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回ご紹介するオツなモノは、

西田ひかる「ダンダン娘」の8cmCD(掲載枚数189枚目)です。

 

こちらは、1997年10月17日に発売された西田ひかるさんの24枚目のシングルで、曲目は、

1.ダンダン娘

2.いいんぢゃない

3.ダンダン娘(オリジナルカラオケ)

4.いいんぢゃない(オリジナルカラオケ)

となっております。

 

「ダンダン娘」は三菱エアコン「霧ヶ峰」CMソングということで、

どんな曲だったけ?と思って再生してみましたら、

「ダンダンダダン・ダンダンダダン」で

あ~!となりました(笑)

 

フィンガー5の「恋のダイヤル6700」の替え歌(?)のノリで、

阿久悠さんが歌詞を全面的に書き直したものようです。

 

CMソングの色が強い曲ではありますが、

西田ひかるさんの歌がパワーあってすばらしく、

最高にステキな曲となっております。

 

カップリングの「いいんぢゃない」は、

ファンキーなリズムが最高に気持ちよく、

そのリズムを乗りこなし、リズムを支配する西田ひかるさんの歌声が

最高にカッコイイです。

 

ちなみに「いいんぢゃない」の「ち」に濁点をつける感じ、いいですね(笑)

 

高校生あたりの頃、女の子とメールしていると、

たまに「ち」に濁点スタイルのコがいたりするんですが、

私はわりと好きです(笑)

 

私は言葉づかいを割と気にする方ですが、

あえてズラすことは自分でもよくしますし、

相手がそれをしてきても、わりと好感をもって受け入れることができます。

 

全篇にわたって、暗号のような文字にされると、

さすがにキツいですが、

副助詞の「は」を、小さい「わ」で書くぐらいであれば、

わりと好感をもって受け入れることができます(笑)

 

ちなみに「(笑)」の意味に近いものとして

「wwww」や、「草がはえる」といった表現が

ここ10年ぐらいで定番化していますが、

私は一度もつかったことはありません‥。

 

「(笑)」の、古典的なマヌケさ、ぬくもり感が好きなのです。

 

2019年現在、自分より上の世代も当然のように「wwww」をつかう中、

20代以下の方で「(笑)」の方をつかう方には、

私はそれだけで大きな好感をもつことができます(笑)

 

それだけで、

「いいんぢゃない」と言ってあげたくなります。

 

8cmCDを発掘し、一枚一枚感想を書く修行中!現在の状況はこちら

関連記事

スポンサードリンク