スポンサードリンク

こんにちは、米山田米太郎です。

 

今回は、ギター・ベースの初心者が最初にコピーすべき

オススメの曲について私の個人的な想いを語ってみたいと思います。

 

まず、いきなり、結論を言ってしまうと、

ギター・ベースの初心者が最初にコピーすべきその曲は、

Hi-STANDARDの「Fighting Fists, Angry Soul」という曲です。

 

この曲はHi-STANDARDの「Angry Fist」というアルバムに収録されています。

 

なぜ、この曲をオススメかというと、

その理由は、私が高校生の頃にベースを手にして、

初めてコピーした曲だからです(笑)

 

そして私は楽器を嗜んで20年ほど経ちますが、

今振り返っても、最初の入り口がよかったなぁと今でも思います。

 

まず、ギターやベースをやってみたいと思った人は、

当然、「自分もその楽器から音を出してみたい」

と思って始めると思うんですが、

私は実は中学生の頃にアコースティックギターを買ってもらって、

「1週間でマスター・アコースティックギター」みたいな教則本も買ってもらったんですが、

1週間で見事に挫折しました(笑)

 

最初にコード「C」をおさえてみましょう。

 

とあるんですが、これがなかなか難しいのです(笑)

 

ギターの弦をおさえることができず、ジャラーンと鳴らそうとしても、

プリリリリ‥みたいな音しか出ず、

1時間ぐらいやって、指に弦のあとがくっきりのこって、

指が痛すぎてムリ‥となりました。

 

数日後に、やっとCをおさえられるようになって、

いくつかコードを練習し、ついに

【一番難しいコード「F」です】というのが出てきて、

完全に挫折しました(笑)

 

そして「自分にはギターはムリ」と思っていったんあきらめました‥。

 

そして高校生になって、

ベースは基本的に弦を一本ずつ押さえるだけでよいと知って、

「これだ!これならできるかも!」と思いました(笑)

 

当時、周りのギターやベースをやっている友人たちが、

よくコピーしていたのは、ブルーハーツやHi-STANDARD(以下ハイスタ)で、

私もリスナーとしてどちらも大好きで、

高校の入学祝いにベースを買ってもらって、

思い切ってハイスタの「Angry Fist」のスコア(楽譜)を買って、挑戦してみました。

 

スコアの見方を友達に教わって、さっそく挑戦してみましたが、

ベースを持って、一箇所をおさえて弾けば、音が出て、

「おお!!弾ける!!」という体験をいきなりすることができました。

(バンドスコアの読み方がわからないという初心者の方も、ご安心ください。

数分で簡単に理解できます(笑)

「TAB譜の読み方」とかでYOUTUBEで検索してみてください。

わかりやすく解説があると思います。)

 

とりあえず、最初は複雑そうなところは省略して、

同じところを押さえてCDに合わせて弾いて、

その音がCDと音と重なったときは、

もう、それだけで最高に気持ちよかったのを覚えています。

 

そして、今になって思うと、楽器を手にして、

すぐに音を出せた喜びを味わうことができたのが非常によかったと思います。

 

その後、弾けないフレーズにぶつかっても、

ひとつひとつ練習してできるようになり、

その繰り返しで、少しずつできることが広がっていくわけですが、

初期の段階での「楽しい!」という感覚があったからこそ、

次の壁を越えるモチベーションになったので、

まずひとつ成功体験をして楽しさを味わったことがよかったと思います。

 

そして、ハイスタの「Fighting Fists, Angry Soul」の

ベースを一通りできるようになってから、

やはりこの曲はギターソロが印象的なので、

ギターも弾いてみたいということでやってみたのですが、

ギターは基本的に2カ所を押さえることで演奏する「パワーコード」が中心で、

「F」のコードが押さえられなくて挫折した私も、

ベースと同じように、いきなりCDと合わせて、

それなりに弾くことができ、テンションが上がりました。

 

ですので、ギターを始めようと思っているけど、

何からしていいかわからないという方にも、ホントオススメの一曲です。

 

そしてギターソロも、がんばって練習することで、

1週間も経たないうちにCDと合わせて弾くことができるようになり、

できるようになったときは最高に嬉しかったですね~。

 

この曲のギターソロは、誤解を恐れずに言ってしまうと、

細かいテクニックが不要(ハンマリングやプリング、チョーキング、スライドなどいった

一般的なギターソロでは当然のように使うスキルがなくてもOK)で、

1音1音、淡々としたリズムで音を出していけばよいので、

ホントに初心者の方にオススメのフレーズで、

しかも後になって思うのは、このフレーズを練習することで、

その後のギターの基本的スキルが身につく基礎練習も兼ねられているので、

メチャクチャ味のおいしいプロテインみたいな感じになっています(笑)

 

私はそんな感じで、「Fighting Fists, Angry Soul」をCDに合わせて

何回も何回も弾いて、そこから他の曲の出してみたい音

(「Stop The Time」「Sunshine Baby」「The Sound Of Secret Minds」のギターソロなど)を

つまみぐいでやっていって、

最終的にはほぼ全曲コピーしたんですが、

後になって思うのは、「Angry Fist」は全曲通して、

ギターもベースもシンプルになっていて、

その後、色んなアーティストの曲をコピーして思いましたが、

ここまでとっかかりやすいアルバムはなかったなと思いますね。

 

そして、自分がギターとベースをコピーすることによって、

ただ聴いていただけでは感じ取ることのなかった色んなことに気づいて、

ますますこのアルバムが好きになりました。

 

というわけで長くなりましたが、

初心者の方がまず最初にコピーすべき曲は

Hi-STANDARDの「Fighting Fists, Angry Soul」という曲で、

スコアを買うなら断然、ハイスタの「Angry Fist」をオススメですというお話でした。


 

関連記事

スポンサードリンク